映画シン・エヴァを観た帰りに交通事故で記憶が飛んだ話とその後

Uncategorized

jz5 です。2021年3月14日の夜、「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」を観たあと、自転車で帰宅途中に軽自動車との交通事故に遭い、頭部を強打し映画の内容など記憶が飛んだとりとめもない話です。

退院はしましたが、投稿時現在、まだ通院中で、目の動きが悪くなってしまって回復するかどうか経過観察中です。でも、だいぶ良くなってきました。

お見舞い・退院祝いのお返し送ります!

はじめに、リツイート直後のツイートを表示するやつほしいものリスト から、お見舞い・退院祝いを送っていただいた方、ありがとうございました。ささやかなお返しを送りますので jz5 まで、ご連絡ください。すみませんが、金額に関わらず プロ生八ッ橋 を送る予定です。お気軽にご連絡ください。

事故状況

記憶が飛んで、事故の記憶は無いですが、3月15日0時13分頃、青信号で横断歩道を自転車で走行中に、右折車と前輪が衝突したようです。

イメージ

ドラレコは無く事故後に相手方が警察に証言した内容は、相手方の自動車は時速30~40kmで走行していて、左からきた自転車に衝突したと話していたようです(実際は右から)。なぜか事故の推定時刻も間違っていて、私が映画終了後に猛スピードで移動して、さらにまた映画館方向に戻る行動となる状況だったようです。

事故の数日後、警察から、病院に置いていた自転車を警察署に持ち運び再検証したいと話があり、その再検証や、映画館のある「フォレオひらかた」の防犯カメラの映像から、私の行動が判明し、事故推定時刻や相手方の証言が間違いと修正されました。

ちなみに、自転車はゆがんで走行不能状態で、家族内では病院に仮置きしている自転車をどうやって持ち帰るか問題となっていたのですが、警察が再検証のついでに、警察署から自宅まで自転車を持ち運んでもらえたのはラッキーでした。持ち運んで来たときに、家族が防犯カメラ映像を見て私かどうかの確認したようです。

防犯カメラでこの場面の映像を見たそうです。

補足として、この辺りの京阪国道沿いの歩道には自転車の道路標示があります。

病院に搬送・入院

事故現場の目と鼻の先の病院に運よく搬送されました。事故が0時13分頃、救急隊から家族へ搬送完了したと連絡あったのが0時50分頃だったようです。記憶は無いですが、事故後 救急隊の人に自宅の電話番号を伝えられたっぽい?です。

枚方市でも、救急車で搬送先が決まるまで長時間を要することも起きていて。事故後どれぐらいかはわかりませんが、発熱も発症していたので、時間を要するといろいろ面倒だったかもしれません。

搬送先の病院は、当直医が関西医大の脳神経外科の先生で、事故当日(月曜)の日中には、脳神経外科の外来担当の先生も来る予定で、ラッキーだったようです。

iPhone の緊急連絡先 は、確認されなかったようです。運転免許証を取り出した形跡はありました。

事故直後の症状: 頭蓋骨骨折と外傷性くも膜下出血

搬送後、頭蓋骨骨折と外傷性くも膜下出血と診断されています。くも膜下出血については、数時間後に再度検査し、出血が止まらないようであれば、関西医大に移送して緊急手術が必要で、また後遺症も残るかもしれないと、家族へ説明があったようです。

事故直後の症状: 健忘症

健忘症とも診断され、しばらく記憶が残らないと、家族へ説明もあったようです。

病室に運ばれる前に、私と家族が少し話せる時間を設けてもらったようで(覚えてませんが)、認知症のように質問したことをすぐ忘れていたようです。「ここどこ?」「なんて病院?」「どこにある病院?」のやりとりの後また「ここどこ?」と繰り返し質問をしていたようです。

CT/MRI

退院前の話ですが、担当医から自分の CT や MRI について説明してもらいました。別の病院を紹介してもらったため CT・MRI のデータの入った CR-R も入手できました。

データの時刻を見ると事故当日の1時20分頃に最初の CT 検査を受けていました。

事故後の症状: 嘔吐・発熱・頭痛・目まい

嘔吐は、1日で収まったようです。何度か吐いたのかもしれませんが、1度吐いた瞬間の記憶しか残っていません。

発熱は 2~3日ぐらいしていたようです。冷えピタ買ってきてと家族にお願いしたのですが、その時はもう発熱は収まっていたようです。頚椎ねんざによる頭痛で自分では熱っぽく感じていたようです。

頭痛と目まいは、頚椎ねんざの影響らしいです。

頭痛は、頭が重いような感じで、2~3週間でほぼ感じなくなり、それ以降は、2~3回だけとんぷくの痛み止めを飲んだ程度です。

目まいは、起き上がりや横になるときなどの動作のときに生じて、事故後 間もない頃はくるくる自分が回っている感覚です。ふらつくような感覚は、2~3ヶ月経っても感じることがあります。

事故後の症状: ものが二重に見える

事故翌日以降に、ものが二重に見えるのに気付きます。入院先の病院には眼科がなく、退院後(約3週間後)に、紹介された病院に行くことになります。

キーワードは、滑車神経や上斜筋で、目を動かす神経が強い衝撃を受けた結果、目の動きが悪くなり、両目それぞれが同じ向きを見ていないため、ものが二重に見える、いわゆる斜視です。

眼科医に指摘されるまで、無意識で見やすい角度に首を傾けて過ごしていました。眼科医によると、交通事故で斜視になることは珍しくないようです。また、根本的な治療法は特になく(した方が良いことも悪いこともないとのこと)、回復する人は約半年で回復するようで、半年経っても回復しなければ回復見込みは無いらしいです。神経に効くビタミンB12剤を飲んで経過観察しています。ビタミン剤は入院中から処方されていたので良かったです。

私の場合、縦に大きくずれて見え、屋内だと掛け時計が2個に見える、屋外だと2階建ての家が4階建てに見えるぐらいずれます。事故後は片目で見ることも増えていました。至近距離の手元のスマホなどは普通に見えます。

事故後 1~2ヶ月は何も症状に変化が無かったのですが、この投稿現在は回復してきた感じがあり、もう少し回復すれば、以前通りに過ごせそうです。

事故後の症状: 体の痛み

起き上がれないほどに、胸~背中あたりが痛かったです。痛みを訴えて、整形外科医に診てもらいましたが、骨折はしていなかったので、湿布のみ。ひざは、変色していて打撲痕があったものの、入院中はあまり気にしていませんでしたが、退院後に痛むときがあり、通院時に痛み止めをもらいました。医者によると、完全に回復するものでもないので、痛いときもあるでしょうという感じです。

事故当日の記憶

事故当日の記憶は、記憶が残らない状態のため、ほぼありません。しかし、そんななか1ツイートしてました。

このツイートのリプライ通知がきたことは、かすかに覚えていて、ただ返答する気力もなく寝てしまったように思います。その後は、おそらく夜に嘔吐した瞬間の記憶だけが残っています。

事故翌日の記憶

翌日の日中?ぐらいから、今に至るまで記憶が残っています。気が付いてすぐしたことは、スマホで、今日の日付(3月16日)の確認。確認して思ったことは「3月だっけ?」です。続いて Google Maps で現在地の確認。そのあとは家族からの LINE やメール、スマホ内の写真や自分のツイートから状況を把握した感じです。

この日、冒頭のツイート をしています。

映画の内容ではなく映画を観に行ったこと自体覚えていなかったのですが、家族からのメールの説明等で、すんなり受け入れたような気がします。忘れてしまった行動を知ると、こんなことしてたのかと少しドキッとします。数日後、病室で自分のカバンの中身を確認したときに、エヴァのパンフレットが入っていて、ドキッとしました。

3月の記憶もあいまいで、GoTo Eat のポイントで外食の予約は取っていたけど食べにいったのか、3月の家族の誕生日はどうなったのか、姪にホワイトデーのお返しのプレゼントはしたのかなど、事前に予定していたことは覚えているのに当日どうなったのかは記憶が飛んでいて、入院中しばらくもんもんとしていました。事故前日より前の記憶はしばらく経つとだんだん思い出して、今はそれぞれ実行したことを覚えています。

壊れたもの: メガネ

不幸にも買って間もないメガネが砕け散ったのですが、それが幸いして自宅の机に以前のメガネを置いていたので、事故当日に家族が着替えなどと一緒にメガネも持ってきてくれていました。

ちなみに、新しいメガネのことも記憶があやふやになっていました。

壊れたもの: 自転車

弁償については、相手方の保険会社より、自転車購入時の領収書と修理費用を提出するよう書類が来ていましたが、弁護士に任せたので、どうなるかは、まだ わかりません。

病院生活: トイレ

最初は、ナースコールで看護師を呼んで、体を起こしてもらって尿器に排尿してました。事故後 気が付いたときには上半身は病衣になっていて、下半身は出かけたときのままのジャージ姿だったのですが、ジャージが濡れてないのでお漏らししてないな、良かったなどと思っていました。排便は車いすで連れて行ってもらって、1週間後ぐらいからは歩けるようになったので普通にトイレに行けるようになりました。

病院生活: 病院食

退院してから思ったのは、ふりかけ(とかごはんのお供)を持ってきてもらえば良かったです。基本おいしくはなかったです。

最初の方は、一口も食べずに寝ることや、空腹感もなくすぐ満腹になり食べきれず、かなり残してましたが、担当医から全部食べたら点滴をはずせると言われて、数日かけて完食できるまで回復しました。

歩けるようになると、自動販売機でコーラ等買って飲んでました。

病院生活: 風呂・シャワー無し

風呂やシャワーの設備はありましたが、私の場合は、2~3日おきぐらいに、熱い体拭き用のタオル2枚が配られ、風呂・シャワー無しの生活でした。それだけでは、汗などが気になるので、ウェットティッシュを家族に持ってきてもらって、ちょくちょく拭いていました。

病院生活: インターネット

メインで使っている iPhone + IIJmio は、一瞬でデータ通信量が上限になり、無料だったので契約した Rakuten mini を家族に持ってきてもらいました。ツイートでは 5GB と言ってますが、病院の場所が、楽天回線エリア(自宅は圏外)だったので、無料で無制限に使えてとても助かりました。

iPhone と iPad で、ネット見たり、漫画読んだりの生活。

MacBook を使うのはまだ辛かったですが、どうしてもな作業があったので持ってきてもらいました。

警察の事情聴取

3月26日(金)(事故から11日後)に、警察が病院に来て、事情聴取(?)を受けました。

いろいろ質問されて答えていくと、警察の人により手書きの文書が作られていくのですが、一人称は「私」で、私が書いた体の文書ができあがり、最後に署名と母音しました。後で思うと、文書の写真を撮って保存しておけば良かったです。

質問は、行きのルート、帰りの予定していたルート、なぜ映画を見に行こうと思ったか、なぜその時間帯の映画にしたのか、なぜ自転車で行ったのか、事故の相手の落ち度と自分の落ち度は何かぐらいだったような。

行き帰りのルートも覚えていませんが、予想を答えてたところ、Google Maps のタイムライン機能を思い出し、確認すると思っていた通りのルートを走行していました。警察は、スマホ画面を写真に撮って記録していました。

現場検証もするつもりだったようですが、覚えていないのと、病衣の外へ出歩いて問題ないか医師に確認もしていなかったので、病院の入り口に立っている私の写真を撮影して完了としていました。ちなみに、外に出ずとも病院の入り口から現場がちらっと見えます。事情聴取も病院入ってすぐの待合スペースでしていました。

退院

痛み等が回復したわけではないですが、病院で何か治療を受けるわけではないので、結構 早々に退院の話が出ます。退院日は自分で決めて、4月2日(土)に退院しました。入院期間は19日間でした。

退院手続きは時間かかるようで、1時間以上待っていました。最後に薬剤師から薬をもらうとき、書いた記憶のない問診票を見てドキッとしました。

ちなみに、入院期間の治療費は100万円いかない程度だったようです。

通院

現在、脳神経外科と眼科に通院中です。

相手方の保険会社・過失割合

相手方の保険会社とは、退院後に弁護士に依頼したので(入院中から弁護士に相談してました)、私はやりとりしていません。通院中のため、まだ何も進展はありません。

一応きちんと、相手方と保険会社が、入院した病院での治療費の支払いや、紹介先の病院の支払い手続きはしていたようで、相手方・保険会社と何もやりとりなく、退院や診察できました。

弁護士は、プロ生でお願いしている税理士から紹介してもらった人です(以前 裁判 等してました)。私や家族が弁護士特約を付けた保険に入っていれば良かったのですが、入っていなかったので、普通に成功報酬をお支払いする契約です。成功報酬を支払ったとしても、何もわからないまま相手方の保険会社の言うとおりに進めてしまうより断然安心です。

双方青信号で、横断歩道上の自転車と右折車の事故の基本的な過失割合は、判例上、自転車10対自動車90。自動車が徐行していなかったとすると、自転車5対自動車95とのこと(別冊判例タイムズ38号 より)。まだ、どうなるかわかりません。

エヴァ 2回目

さて、先日「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」を観てきました。そのときまで、映画の内容は思い出していないままです。

もう一度観た感想は、「見たことある」です。映像を見るまで思い出していないし、見た後にその続きも思い浮かばないですが、映像を見た後は、思い出したという感じです。完全には忘れていないということなのでしょうか。二重に見えないよう首を傾けて観たので少し疲れました。


Uncategorized

Posted by jz5