VFD 風デジタル数字フォント VFDigit 公開

2021/11/01Uncategorizedフォント

1970年頃に登場した電卓に使われていた 蛍光表示管(VFD: Vacuum Fluorescent Display) の数字の書体を模した等幅フォントを公開します。

VFDigit 9A
1,234,567,890. ,.
VFDigit 8A
1234567890. .
VFDigit 7A
1234567890. .
VFDigit 7B
1234567890. .

OTF, WOFF, WOFF2 を GitHub で公開しています。ダウンロードは、release フォルダーのファイルのリンク先へ移動し、Download ボタンからできます。ライセンスは SIL Open Font License で無料です。

作ってみましたが、VFD の実物はそれなりの大きさ(2cm 前後)があるためか、PC で通常の文字として表示するには細く小さくなってしまう上に、昔の電卓に使われていた書体という背景を共有していないと、意味の分からないフォントだと思います。デザインが微妙なところもあるので、気が向けばアップデートするかもしれません。関連する電卓の写真や、実物の VFD のセグメントパターンの高解像度写真を提供してもいいという方がいればご連絡ください。

  • 2017/10/29: 各 Ver.0.1 公開

VFDigit 9A

1,234,567,890. ,.

1967年12月発売 Sharp(当時は早川電機工業株式会社)の電卓「Compet 16 (CS-16A) 」等で使われている VFD を模したフォントです。VFD は、伊勢電子工業株式会社(現在はノリタケ伊勢電子株式会社)が製造した「DG12B」。日本電気製や双葉電子工業製 VFD もあるようです。また、DG12B より小さい DB10B もあります。微妙に書体は異なっているようですが、両者を模したフォントになります。

数字部分は 9セグメントで、4のときしか点灯しないセグメントがあります。

,. 6 6
  • 6 の別パターンとして、OpenType の Character Variant を使って、cv01 として割り当てています。
  • カンマと小数点(ピリオド)は、数字と組み合わせたとき合字(リガチャー)として、VFD と同じ位置に表示できるようになっています。
  • セグメント全灯は 私用領域の U+E000。セグメント a~i は、U+E001~U+E008 に割り当てています。

この書体に魅せられて LED で再現しようとしている人もいるみたいですね。Beautiful Display | Hackaday.io

VFDigit 8A

1234567890. .

1971年(1970年?)発売の Sharp「EL-8(通称 ELSI-8)」等で使われている VFD を模したフォントです。VFD は itron DG10L。DG10L2 という型番でも同型の VFD があるようです。

数字部分は、8セグメントで、DG12B の 9セグメントから 4専用のセグメントが無くなっています。DG12B より小さい VFD で、同一の大きさにすると少し太い書体になっています。

Felix Maschek, Hamburg, CC BY-SA 3.0 DE, via Wikimedia Commons
Mister rf;Own work CC BY-SA 4.0, Link
.
  • 元の VFD にはカンマが付いたものは無いようですが、VFDigit 9A と同じカンマのグリフを収録しています。
  • 小数点(ピリオド)は、数字と組み合わせたとき合字(リガチャー)として、VFD と同じ位置に表示できるようになっています。カンマも合字に対応しています。
  • セグメント全灯は 私用領域の U+E000。セグメント a~h は、U+E001~U+E008 に割り当てています。

VFDigit 7A

1969年発売のオムロン(当時は立石電機株式会社)「OMRON 1210」等で使われている VFD を模したフォントです。VFD は、DG10H。数字部分は 7セグメントですが、一般的な 7セグメントとは異なる配置になっています。

1234567890. .
.
  • 小数点(ピリオド)は、数字と組み合わせたとき合字(リガチャー)として、VFD と同じ位置に表示できるようになっています。
  • セグメント全灯は 私用領域の U+E000。セグメント a~g は、U+E001~U+E007 に割り当てています。

VFDigit 7B

VFD の DG12H、DG12H1、DG10A の書体を模したフォントです。一般的な7セグメントと同じ配置です。斜体で、上端と下端のセグメントの左端が湾曲しているところが特徴です。

1234567890. .
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz i
_-‾==≡°"'()[]?
01679
.
  • Seven-segment display character representations を参考に、7セグメントで表現できる英字と、Seven-segment display を参考に記号を割り当てています。小文字 i は、cv01 に別パターンを割り当てています。
  • cv011 に 0, 1, 6, 7, 9 の別パターンを割り当てています。
  • 小数点(ピリオド)は、数字と組み合わせたとき合字(リガチャー)として、VFD と同じ位置に表示できるようになっています。
  • セグメント全灯は 私用領域の U+E000。セグメント a~g は、U+E001~U+E007 に割り当てています。